HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

肝機能低下のサインと症状について



肝機能に異常があると診断されたとしても、「これ」と言ったサインや自覚症状が見られないと、積極的に「生活を改善していこう!」とは思わない人がほとんどでしょう。
多くの方は肝臓周辺の臓器の痛みなどの違和感や自覚症状を感じてから生活改善などの対策をすることになりますが、自覚症状が発生する頃には肝機能低下をはじめ肝臓の疾患が発症しているケースが多いのです。
自覚症状が分かりにくい肝機能低下ですが、チョットしたサインに気づくことで早めの対策や治療が可能になるので、日頃から注意することが大切です。

肝機能低下のサイン

だるさや気力の低下

肝機能低下のサインと症状として考えられることは、だるさや気力が出ないというのがあります。 肝機能低下すると摂取した栄養素をエネルギーに変えて体に送ると言った働きが正常時よりも下がります。
また代謝機能も同時に低下してしまうために、どうしても慢性的に疲れやすい環境になって、何となくだるいとか気力が出ない状態になってしまいます。 単に年だからと安易に片づけるのではなくて、慢性疲労や疲れやすい体質は肝機能低下かも知れないと考えることも必要です。

脂っこいものが苦手になる

今までは何ともなかったのに脂っこい食べ物が苦手になったり、食べると下痢になったりすることもサインのひとつです。
肝機能低下で摂取した脂を分解・吸収する胆汁が正常に生産されないと、どうしても体が脂っこい食べ物を受け付けなくなり、下痢をする場合もあります。

お酒に弱くなる

お酒に弱くなったと感じるのも肝機能低下のサインです。 肝機能低下によりアルコールを分解して無毒化にする作用が低下するためにお酒に弱くなったと感じ始めます。
また、お酒を飲むと体にじんましんみたいなものが発生したり、いつもの量でも悪酔いしたりすることもあるので、肝臓が回復できるように週2回は休肝日を作る習慣を心がけると良いです。

肌が黒っぽくなる

肝機能が低下することでメラニン色素が沈着してしまうことで皮膚が黒っぽくなることもあります。
また血小板の生成が低下したり止血力が低下したりすることで、歯茎からの出血がしやすくなることや鼻血が出やすくなることがあります。 このように肝機能低下のサインと症状には様々なものがあるのです。

肝機能低下は早めに対策

このように肝機能が低下することで起こるサインや症状があっても、それ程大したことではないと軽く考えてしまう方も少なくありません。
こうしたサインや症状は肝臓からのSOSで、自分の体調を一番知っているのは自分自身なので、しっかりと自分の体調と向き合うことが大事です。
大袈裟に感じるでしょうが、多少でもおかしいと思う事柄があれば肝機能低下しているのではと考えて、早い段階で病院を受診して検査するように心がけることも必要です。

肝臓に良いサプリメント

肝機能が低下したときには、食事に十分気を付けなければなりません。しかし、一人暮らしや忙しくてきちんとした食事がとれない場合はサプリメントを活用するのも方法の一つです。 肝臓のサプリメントには肝臓の働きを良くしたり、肝機能を改善するサプリもでているのでチェックしてみてください。
http://kanzoukiso.com/rank_kanzou_kiku.html

肝機能障害

肝機能の低下が起こっていても対処をしないでそのままの状態でさらに肝臓を酷使し続けると今度は肝機能障害におちいってしまうこともあります。
自覚症状がなくとも肝機能障害の原因と対処方法を知っておくと進行する前に対処することも可能です。

肝機能障害が起こる原因

アルコールの過剰摂取

肝機能障害が起こる原因としては、アルコールの過剰な摂取があります。
毎日大量のお酒を摂取すると、毒素を分解して体外に排出する役割を担う肝臓が働き詰めになり、酷使された肝臓は疲れてしまいます。 その結果肝機能障害を引き起こしてしまうと考えられます。

食生活の乱れ

食生活の乱れも肝機能障害の原因のひとつと考えられることです。
偏食気味でバランスの良い食事ができていなかったり、食品添加物や防腐剤が使用されている市販の弁当やカロリーが高い食品を摂取したりすると、アルコール同様に肝臓に対して大きな負担を与えることになります。

暴飲暴食

暴飲暴食を繰り返すことも要注意です。こうした食生活の乱れから肝臓に脂肪が蓄積されるなどして肝機能障害を引き起こしてしまうことになるのです。

便秘

便秘も肝機能障害を引き起こす原因と考えられることです。 便秘で腸内に便が溜まると腐敗して有害なガスを発生して、そのガスが血液に混入して全身に運ばれてしまいます。
ガスは肝臓にも運ばれてしまうので負担がかかり肝機能障害を招いてしまうのです。

喫煙

喫煙することはタールやニコチンなどの有害物質を体内に取り込むことになるので、解毒する肝臓の仕事が増えて負担になってしまいます。 そのため喫煙でも毛細血管が細くなってしまうことも負担の要因になって、肝機能障害になりやすくなるのです。
角のストレスを受けることも肝臓が混乱して正常に働かなくなって肝機能障害を引き起こす原因になります。このように肝機能障害を引き起こす原因は多岐にわたると言えるのです

肝機能障害の症状

肝機能障害の主な症状としては、倦怠感や脱力感・微熱が続く・睡眠障害・食欲不振や吐き気と体重の急激な減少などがあります。
また、白い便がでたり黄褐色の尿が出たりしますし、出血しやすくなったりもします。それから肝機能障害の最も特徴的な症状としては、肌や眼球が黄色くなる黄疸があります。
肝臓は自覚症状が分かり難いので、こうした明確な症状が発生しなくても何となくおかしいな、いつもと違うなと感じる場合には肝機能障害の発生も疑う必要があります。
そのような場合には、できるだけ早く病院を受診して診断してもらうことが大切です。