HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

肝臓に良い食べ物



肝臓の機能を高めるためには、食事やアルコールの制限などがとても重要です。 肝臓の治療には必ず食事療法がとりいれられます。
お酒を飲むときに一緒に何を食べるか、また普段どのようなものを食べるかに気をつけることで肝臓の働きがますます良くなります。 ここでは、肝臓に良い食事や食品、お酒のときに食べたいおつまみなどを紹介していきます。

肝機能を高める食事

肝臓はたんぱく質でつくられているため、肝細胞を再生させるためには良質のたんぱく質(肉、魚、卵、大豆など)を十分に摂ることが大切です。
また体内では合成できないビタミンやミネラルには、栄養素を代謝して体の各機能を調節、維持しますのでこれらも十分に摂ってください。
他にも、肝機能を向上させるタウリン(タコ、イカ、ホタテなど)や、ビタミンE(アーモンド、かぼちゃなど)を摂ることも効果があります。
  • 主食
  • 主食の白米やパンなどは、炭水化物(糖質)です。 重要なエネルギー源になりますが、あまり食べ過ぎないように少量(ごはん1杯、パンなら1枚)を心がけましょう。

  • 主菜
  • 肉、魚、卵、大豆などの良質なたんぱく質を摂ります。
    良質なたんぱく質とは、必須アミノ酸のバランスが優れているたんぱく質のことです。

  • 副菜
  • 肝臓の機能が正常でない場合は、ビタミンなどの代謝効率が落ちてしまいます。
    通常より大目のビタミン類を摂る必要があります。 ビタミンは、偏って摂ると吸収率が悪くなるためバランスよく摂取することが大切です。

  • 汁物
  • アサリやシジミは、タウリンが含まれるほか肝機能を強化する栄養素が豊富に含まれています。二日酔いのときにシジミの味噌汁を飲むとよいのもこのためです。

  • その他
  • 肝臓が弱っているときはビタミンを蓄える機能が弱まりますので、積極的にビタミンを摂って下さい。 ビタミンが豊富な果物や足りない栄養素はマルチビタミンなどのサプリメントなどで補います。 ビタミンCが豊富な果物としては、レモン、柿、キウイ、いちご などがあります。

肝臓によい食べ物

弱った肝臓を治療するためには、毎日の食事療法が一番効果があります。 バランスのよい食事を心がけることはモチロンですが、肝臓によい食材を知っておくと、さらに効果的に肝臓をいたわることができます。
以下の食品はすべて肝臓によいとさらる食品ですので、特にお酒をよく飲む方は積極的に摂るように心がけてください。
  • 枝豆
  • 枝豆の画像

    お酒のおつまみの定番の枝豆は、良質なタンパク質を豊富に含み、脂肪を分解するコリンや、無駄な脂肪を燃やすレシチンなども含まれています。 これらの栄養成分で、肝臓を改善、保護の両方に効果を発揮するまさに、酒飲みのための食品といえるぐらいです。

  • 豆腐
  • 豆腐の画像

    豆腐は、枝豆と同じく大豆製品なので良質なタンパク質や各種の成分が同じように肝臓に効果を発揮します。 豆腐と枝豆の違いは、吸収率とバリエーションです。

    豆腐はタンパク質の吸収率が大豆製品の中で最も高く(約95%)効率的に栄養分を摂取できます。 さらに、豆腐料理として他の食材と合わせてることで他の栄養素を効果的に吸収できるところが強みです。

  • 納豆
  • 納豆の画像

    納豆は、大豆そのものよりもタンパク質の消化吸収率が高く、ビタミン類の種類も含有量も豊富です。 さらに、納豆には大豆にはない成分、ビタミンB12やムチンといった肝臓にもよい成分が含まれています。

    ムチンは、胃の粘膜を保護し、アルコールを胃から直接吸収されるのを防ぐ働きもしてくれます。 そのため、 アルコールの吸収もゆっくりと腸から行われるようになり、悪酔いや二日酔いを防ぐ働きをしてくれます。

  • しじみ
  • しじみの画像

    二日酔いの日にしじみの味噌汁を飲むというのは、有名な話です。 しじみにはタンパク質やビタミン、ミネラルなどが豊富に含まれているため、 この習慣は、やはり理にかなっているといえるでしょう。

    さらに、しじみには、肝臓に優れた効果をもつ栄養素タウリンを豊富に含むという特徴があります。 タウリンは、現在は肝臓病などの治療薬として使われているほどその効能が認められています。

    ただし、肝臓病の人には鉄分が肝機能に悪い影響を与えることがわかってきています。 肝臓病の場合にはしじみを大量に摂取することは避けたほうがいいでしょう。

  • カキ
  • かきの料理された画像

    海のミルクといわれるカキには、肝臓に必要な、各種ビタミンやミネラル、アミノ酸やグリコーゲンなどが豊富に含まれています。

    また、肝臓の薬としてもちいられているタウリンなどのアミノ酸が豊富なので、肝臓を強くしたり、解毒作用を強化したりして悪酔いや二日酔いを防止する効果があります。

  • かぼちゃ
  • かぼちゃの画像

    緑黄色野菜の代表ともいえる、かぼちゃは、ビタミンA(カロチン)が豊富で、ビタミンC、ビタミンEも含まれています。 肝臓病になると、ビタミンAが不足するので積極的にかぼちゃで補うとよいでしょう。

    ビタミンCやEには、過酸化脂質の生成を防いだり、分解したりするので、 肝臓病や動脈硬化に効果を発揮します。

  • キャベツ
  • キャベツには、良質な植物性タンパク質、ビタミンC、カルシウムなどが多く含まれ栄養価が高い上に、 ビタミンUという硫黄分を含んだアミノ酸を含んでいます。この成分は肝臓でのアルコール分解を助けたり、脂肪肝を防ぐなどの働きをしてくれます。 キャベツは、水溶性の野菜なので肝臓のために食べるときには、スープなどにしたほうがビタミンなどを余すことなく摂取できます。

  • にんにく
  • にんにくの画像

    にんにくには、脂肪と糖質の消化吸収を調節する働きがあります。 さらに、にんにくには、アリシンというイオウ化合物が含まれており、肝臓に蓄積された毒素を体外に排出する働きがあります。

    お酒を飲む前に食べることも効果がありますが、にんにくを毎日1~2片程度食べることによって、肝機能の低下を防ぐことができるでしょう。

  • 梅干し
  • 梅干しには、クエン酸などの有機酸が多く含まれるので肝臓のアルコールを解毒するスピードを速める働きがあります。 梅干しの効果は飲むや飲みながら食べると、悪酔い防止になり、飲酒後に食べると二日酔いの防止につながります。

  • 牛乳
  • 牛乳の画像

    牛乳やチーズ、ヨーグルトなどの乳製品には、良質のタンパク質と各種ビタミンが豊富に含まれています。 その中でも、牛乳はタンパク質や脂質、糖質、ミネラル、ビタミンをバランスよく含み、栄養価が高い食品として有名です。

    牛乳のタンパク質は、肝臓に必要な必須アミノ酸をすべて含み、質がよいので肝臓の強化にはうってつけです。

    ビタミンもビタミンC以外のすべてのビタミンがまんべんなく含まれるほか、肝臓の働きをよくするビタミンAやビタミンB2を多く含んでいます。 肝臓を強化するためには、毎日200ml以上の牛乳を飲むことをオススメします。

  • もやし
  • もやしには、たんぱく質やビタミン、ミネラル、食物繊維を多く含むすぐれた食品です。 肝臓が悪いと栄養の貯蔵力が衰えるためビタミンやミネラルが不足しがちになります。

    安価で栄養豊富ですので、特に肝臓が弱っているときにはこまめに食べたい食品です。

    肝臓にいい栄養素

    肝臓に良い食事の中には肝臓にいい栄養素が含まれているため肝機能をサポートすることができます。例えば、シジミに含まれているオルニチンは肝臓の代謝機能を補助するのでお酒を飲んだときに摂取することでアルコールの代謝を高めることも可能です。
    他にも、ウコン飲料で有名なクルクミンは肝機能を改善させる効果があり、昔から中国やインドで黄疸の薬として使用されています。クルクミンには、胆汁の分泌を促進して肝機能を強化し、免疫力を高めるためアルコールを飲む前や後にも効果があります。
    タウリンは、栄養ドリンクなどに多く配合されている成分なので知っている人も多いかと思いますがイカやタコなどに多く含まれています。 肝機能を強化して、肝臓の働きを助ける胆汁の分泌を促すため胆汁酸を増やします。

    食品が手間ならサプリでも可

    自分で料理ができるなら肝臓によい食材を積極的に摂ることで肝機能を回復させることができます。 しかし一人暮らしで調理ができなかったり、忙しくていつもコンビニの弁当やインスタント食品が多いような場合には、なかなか肝機能の回復がはかどりません。
    その場合はサプリで成分を摂ることでもOKです。ただし怪しげなサプリは添加物が多かったり、必要な成分が入っていないなんてこともあるので、信頼できるメーカーの成分表記がしっかりしているサプリを選ぶことが大切です。

    肝機能強化におすすめのサプリメント

    オルニパワーZn
    オルニパワーZnパッケージ

    オルニパワーZnは、オルニチンの配合量が他のサプリよりも多く800mg配合されています。オルニチンが多いと飲んだ翌日のに効果を実感しやすいという特徴があります。さらに日常で不足しやすい亜鉛も含まれているので毎日の疲れやお酒の後のだるさから活力を取り戻すのに適したサプリメントといえるでしょう。

    脂肪肝が気になる場合におすすめの青汁

    食べ過ぎや飲みすぎで、肝臓やお腹に脂肪が溜まった脂肪肝の状態では肝臓の働きが弱まってそのまま放っておくと肝硬変などの病気になる可能性もあります。特に腹囲が大きく、メタボ気味な方は要注意だといえるでしょう。
    シェイプライフ青汁
    シェイプライフ青汁 パッケージ

    シェイプライフ青汁は、ビタミンやミネラルが豊富な青汁本来の健康要素に加え、葛の花由来イソフラボンによって「肥満気味な方の腹の脂肪(内臓脂肪、皮下脂肪)を減らすのを助ける機能があることの表示が認められています。

    肝臓の健康は、メタボ対策することで同時に行えるのでサプリや通常の青汁よりもより効果的に、長く続けることができるでしょう。


    まとめ

    肝臓の機能を回復させるには、摂取する食品に気をつけることが重要です。
    上記の食品を毎日必ず食べられないとしても、覚えておいてお酒を飲むときに注文したり、スーパーで食材を買うときに追加するなど少しでも肝臓を元気にしましょう。