HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加
お酒が弱い人のアルコール対策サプリメントは
クレイ人形のお酒を飲んだ後の頭痛でつらいイメージ
お酒があまり強くないのに飲み会に参加しなくてはならない。その場はみんなに合わせてお酒を飲むが、毎回次の日には二日酔いでつらい。
お酒が弱い人にとっては、楽しいはずのお酒の席が、いやーな時間になってしまうこともありますよね。
私も、あまりお酒が強くないので飲んでいるときはとても楽しいのですが、次の日に「あ~また飲みすぎちゃった~」と後悔することも多いので困っています。
飲んでいるときは、酔うのはしかたありませんが(ある程度は酔うために飲んでいるので...)、途中で気持ち悪くなってダウンしたり、次の日まで持ち越して一日が無駄になってしまうのはなんとか避けたいですね。
そこで、お酒が弱くても悪酔いや二日酔いやをせずに翌朝もシャッキリできるサプリの一覧をまとめてみました。 サプリの効果と共に見ていきたいと思います。
お酒が弱い人はどんなサプリがいいか
お酒が弱い人というのはたいていの場合、アセトアルデヒドの分解酵素が弱い場合がほとんどです。 これをサプリで対処しようとすると、アセトアルデヒドの分解を促進できるものか、肝臓の機能を向上させるものを選ぶのが大切です。
アセトアルデヒドの分解を促進する成分は、ビタミンB群、ビタミンE、アミノ酸、Lシステイン、クルクミンなどがあります。ただ、通常のクルクミンは吸収効率が悪いことがわかっておりコンビニなどでおなじみの「ウコンの力」などはあまり効果がないと言われています。
参考:『ウコンの力』は毒にも薬にもならない
ピンポイントの飲み会だけではなく長期的にお酒の分解力を上げるためには肝臓の機能自体を向上させておくことが重要です。 肝機能を向上させる成分としては、スルフォラファン、オルニチンなどが有名です。
これらの成分は、お酒を飲んだ日だけに摂取するというよりは慢性的に肝機能を向上させることで二日酔いを防止したり、飲んだ次の日の朝の倦怠感を低減させるなどの使い方に適しています。
サプリメントの効果はどうやってわかる?
日差しを浴びる森の緑でお酒の後のスッキリイメージ
サプリメントを試してみようというときに、一番気になるのがほんとに効果があるのかな?ということでしょう。
通常サプリは、医薬品と違って即効性がないものがほとんどなので数か月間は様子をみるのが普通です。
しかし、お酒に関するサプリの場合は肝臓の強化が目的ではない場合には数か月間飲み続ける必要はありませんので、お酒を飲む前や飲んだ後に試してみてあまり効果を感じられなければ止めてしまって大丈夫です。
体質やどのような影響でお酒に酔いやすくなっているか人によって原因が異なります。そのため、あるサプリがAさんには効果があったがBさんには効果がなかったということも当然起こりえます。
たいていのサプリは、アルコールの分解を助ける成分を数種類は配合しているので使用している成分を確認しておき自分に効果があるないをチェックしておくといいでしょう。
注意しておきたいのは配合量です。例えばオルニチンの場合は500mg以上摂ることで効果がでやすいという研究結果がありますが、これをしじみなどの天然の成分で摂ろうとするととても高価になってしまうため必要量まで配合されていないことがほとんどです。
そのため、オルニチン配合といったサプリを飲んでみたが効かなかったというときに配合量が少なすぎたということもあるのです。成分の種類に加えて配合量なども同時にチェックしておくとよいでしょう。
お酒の時に良いサプリの特長と問題点
レバリズム
シスチン、ビタミンB2、Eに加え、しじみや牡蠣エキスを配合しているので成分の種類や相乗効果については申し分ないでしょう。 添加物も必要なもの以外はないので特に問題はみあたりません。アルコール分解のサポートは問題がないので、このサプリで効き目がなかったら肝臓自体の機能改善をするサプリなどを試してもいいでしょう。
エカス
セロシアエキス、コメコサノール、大麦エキスなど従来のお酒対策用サプリメントとは少し違ったアプローチでの特許成分を配合しています。 さらに、従来からアルコール代謝によいとされているL-シスチン、グルタミン、メチオニンなども豊富に配合されているのでウコン飲料、肝臓加水物などでイマイチ実感がわかなかった人は試してみるのもいいでしょう。
スパリブ
ビタミンCやB2、L-シスチン、といったアセトアルデヒドの分解を活性化させてくれる成分が多いのでお酒を飲んだときの悪酔いや二日酔いを防止するのに適しています。アルコールを分解するための成分は申し分ないのですが成分量の記載がないため有効な量が配合されているかわからないところだけが残念です。
レバーザイム
肝臓エキス、牡蠣エキス、しじみエキス、ウコンエキス、ビタミンB2、ビタミンEなど肝臓の働きに良い成分はほぼすべて揃っているような印象です。 成分表示で添加物も不要なものは特にないですが、各成分の含有量が記載されていないのが少しマイナスポイントです。
DHC 濃縮ウコン
コンビニや薬局でも買えるDHCシリーズの濃縮ウコンです。ウコン(クルクミン)は肝臓の働きにプラスになることはわかっていますが、吸収率が悪く実際に効果があるかは疑問であるという論文が主流です。
結局どのサプリがいい?
説明する医者のクレイ人形
お酒の弱い人にいい肝臓のサプリについてみてきましたが、それぞれのサプリは原料や成分が異なっているので結局のところどれがいいのか選ぶのが難しいという方もいるかと思います。
その場合には以下の基準んで選んでみてください。
どの成分を重視しているか
天然の成分にこだわるかどうか
体全体の健康まで重視するか
アセトアルデヒドの分解に良いとされる成分は、シスチン、ビタミンB2、タウリン、クルクミンなどがありそれぞれの成分で体に対する役割が異なります。
当然、人によってはシスチンは効果があるけどクルクミンはあまり効果がないなどの差はあると思います。これは正直、試してみるしかないので始めは自分がよさそうだなと感じたサプリで様子をみてください。
サプリで重要なところは、成分の種類と配合量です。二日酔い防止サプリというと多くの種類の成分が配合されているので、各成分が肝臓をサポートしいい影響を与えることは十分に考えられます。
ただし成分量が少ないと、効果を出すのに必要な量に足りていないということにもなるので配合量にも気を付けるようにしてください。
とりあえず、初めて試してみたいということでしたら、成分の種類と成分量を明示しているという点では、「レバリズム-L」がいいでしょう。 これであまり効果がない場合には、肝臓自体の機能を補助するサプリメントを試してみてください。
最近お酒が弱いと感じる人は肝臓の健康をチェック
いままでは、結構お酒を飲めたハズなのに最近どうも飲むとすぐに酔ってしまう。以前よりも弱くなった...と感じるなら、肝臓自体がダメージを受けてアルコールの代謝機能が弱っている可能性があります。
肝臓は「沈黙の臓器」といわれるように、多少のダメージでは「痛い」などの明確なサインを出しません。そのため、いつもと違うなと感じるようなら自分でセルフチェックをする必要があります。

肝臓が弱っているかどうかチェックするポイント

肝臓が弱っているかどうかは、普段の体の調子からわかることもあります。以下のチェックポイントを参考にして肝臓が弱っていないかどうかを自分で確認してください。
  • 体がだるく疲れを感じやすい
  • 脂っぽいものがたべられない
  • ひんぱんに下痢をする
  • 悪寒や吐き気がするときがある
  • 38度以上の熱がつづく
  • 頭痛が多くなった
  • 特になにもしていないのに体重が減っている
  • なぜか食欲がない
これらの症状は、一見風邪に似ていることが多いので実際にこれらの症状になっても「ちょっと体調が悪いかな」と思うだけでしょう。 しかし、だるい状態が長く続いたり、体重が減っている、食欲がないなどが続く場合は、肝臓だけに限らず身体の異変としては大きいので医療機関にかかるなどなんらかの対策をした方がいいでしょう。