HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

肝臓に効くサプリメント特集!おすすめランキング

人気ランキングバナー

肝臓にサプリは有効か?

肝臓には本当にサプリが有効なのかな? 薬や添加物は肝臓で処理されるので肝臓にはよくないのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。
結論から言ってしまうと添加物さえ気を付ければサプリの使用は問題ありません。それどころか、肝臓へ有効な成分を多く摂取することには肝臓の働きにいい影響を与えるのです。
なぜなら、サプリメントは肝臓に有効な成分を凝縮した食品だからです。
以前は医薬品は肝臓で処理されるので肝臓病の人は薬を使わずに食事療法で治すことが一般的でした。
しかし肝臓の治療に必要な食事は作るのに手間がかかったり、必要な成分を大量に摂らなくてはいけません。その点、サプリなら食事を多く食べる必要もなく作る手間もないのでむしろ肝臓に向いています。
確かに、サプリのカプセルや錠剤を固めるためには添加物が必要なので、そこは肝臓によくないのですが、優良なメーカーでは、できるだけ添加物を入れないように工夫をしています。
ただし中には添加物の多い怪しげなサプリもないとは言えません。成分表をしっかりチェックし、かえって肝臓に悪い原因を作ったとならないように注意してください。

肝臓に良いサプリ 3つのポイント

肝臓への有効成分の含有量
肝臓の機能を改善するのに有効な栄養素は、オルニチンやスルフォラファン、肝臓エキスなど様々なものがあります。
サプリメントがそれらを配合しても量が少ない場合、有効に働かない場合も多くあります。配合されている有効な栄養素の種類も大切ですが、十分な量があるかもチェックしてください。
自分に合ったものを見つける
肝臓サプリに限らず、サプリの成分は人によって相性があります。どんなにネットでの口コミや評価が良くても自分に合わなければまったくムダなことです。
購入する前に成分や配合量を調べるのはもちろんですが、試してみて合わない場合は途中でもやめることも必要です。
添加物の少ないもの
肝臓に限らず、どんなサプリでも添加物や着色料が少ない方が体への負担が少なくいいサプリと言えます。
特に添加物は肝臓で処理するので量が多いと肝臓やその他の臓器に負担がかかります。肝臓のサプリを選ぶ場合は毎日飲むものですから特に注意しなくてはなりません。
説明をするめがねの医者
肝臓によい栄養素というのは、いろいろなものがあります。たとえば、タウリンやアルギニン、クルクミン(ウコン)などです。 その中でも今最も注目を集めているのがオルニチンです。
オルニチンの摂取によって、肝機能マーカー数値の低下や脂肪肝の改善など肝臓によい働きがあることが研究によりわかっています。
オルニチンがすべての方に十分な作用を及ぼすというわけではありませんので、初めての場合はその他の肝臓のサポート成分としてタウリンやL-シスチン、ビタミンなどオルニチン以外の成分も配合されているサプリの方が実感しやすいでしょう。

肝臓に良いサプリ ランキング

肝臓のサプリを摂取する目的はいろいろあると思いますが、肝機能をサポートする成分がどれぐらい含まれているのかが重視するポイントです。 成分の種類が多いと、その人に合う成分に当たりやすいというメリットはありますが、配合量が少なすぎると有効に働かないということもあります。

オルニパワーZnプラス

主な成分 オルニチン,亜鉛,アスタキサンチン
内容量 120粒 ※約30日分
価格 価格→ 4,500円(税込)
定期コース初回価格→ 500円(税込)
※送料無料!
オルニチン配合量が多く亜鉛,アスタキサンチンもプラス
オルニチンの配合量が多く800mgは他のサプリと比べてもかなり多い方なので効果を実感しやすいサプリです。亜鉛は疲れや活力を取り戻すのに必要ですが、なかなか食事からは摂りにくいので12mg配合してあれば十分です。
サプリメントの元の素材も天然のしじみ、牡蠣、いくらなどからの自然の食品の抽出物なのでオルニチンや亜鉛だけでなく、アミノ酸やミネラル、タウリンなども十分に摂取することができます。
肝臓サプリを試してみたいけどオルニチンだけでなくプラスアルファで健康成分が欲しいという場合には適しています。今ならキャンペーンで定期コース初回500円と安価なので気軽の試すことができます。

レバリズム-L

主な成分 しじみエキス、牡蠣エキス、シスチン
内容量 90粒 ※約30日分
価格 通常価格 5,980円
初回モニター価格→ 980円(税込)
※送料無料
満足度97%の天然成分が豊富なサプリ
しじみエキスや、牡蠣エキス、シスチンを配合しているので肝臓の健康の他にも二日酔いや翌朝の疲れが気になる方が重宝するサプリメントです。
満足度が高く口コミでも実感がある、前とは明らかに違うという声が多く数値や飲みすぎのどちらに対しても一定の実感はできそうです。
特に外食が多く脂肪肝や肝臓の健康が心配、健康診断で数値が気になる、長く健康に気をつけたいという人に好評のようです。

公式サイトはこちら

セラクルミン

主な成分 クルクミン
内容量 1箱60粒 ※約30日分目安
価格 通常 9,980円
【定期コース】 → 2,980円(税込)
※送料無料!
クルクミンの吸収力を高めた機能性表示食品
肝機能低下に関しての効果効能が実証された「機能性表示食品」なので、サプリって効果があるの?と懐疑的な人にも安心できる肝臓のサプリメントです。
従来クルクミンは吸収率が悪いので、実は肝臓への効果が限定的と言われていましたが、セラクルミンでは従来のクルクミンの27倍もの吸収率を高めた商品です。

公式

レバーザイム

主な成分 オルニチン、クルクミン、タウリン、亜鉛
内容量 1箱20粒 ※約10日分目安
価格 通常 2,160円
【体験モニター】 → 980円(税込)
※送料無料!
飲み会や宴会などお酒のためのトータルサプリ
オルニチンに加え、活性酵素、牡蠣エキス、EPA/DHA、αリノレン酸とアルコールの代謝を助ける成分を豊富に配合しています。肝臓エキス、ウコン、タウリンなどの栄養成分であまり実感できなかったという人が試してみる価値はあるかもしれません。
現在モニター制で、10日分ですがかなりコスパがいいので、とりあえず試してみて合うようだったら続けてみるなどの使い方ができます。

公式

肝臓にいいサプリメントの効果的な飲み方

テーブルの上のサプリメント
肝臓を労わるためにサプリメントを服用するなら、最も効果がでるときに飲んだ方がいいですよね。
肝臓にいいサプリを飲むのにベストなタイミングは就寝前です。 肝臓も含めたの一日の疲れが寝る前にサプリメントで強化することで翌朝に疲れを残さないようにしましょう。
ベストな時間というのはありますが、サプリメント自体はは食品なので基本的にはいつ飲んでも大丈夫です。今日は飲んだけど昨日は飲み忘れたなど飲んだり飲まなかったりすることがよくありません。
薬に比べてサプリメントは穏やかに効果が出るようになっているので飲み始めて、しばらくは実感がわかないかもしれませんが、3~4か月飲み続けることで徐々に実感がでてくることが多いでしょう。

サプリメントは肝臓の負担になるなるのか?

サプリメントが肝臓に負担をかけるということはありえます。
まず、肝臓病の人は鉄分の制限がされていますので鉄分を摂らないようにしなければなりません。通常サプリメントには鉄分をわざと配合している場合は少ないのですが、しじみエキスなどの天然の成分を使うサプリの場合は鉄分が含まれていることがあります。
その場合は天然由来のサプリメントは避けた方がいいでしょう。特に肝臓の病気のような自覚症状があるような方はサプリメントを摂取するのではなく医療機関を受診してください。
また、サプリメントには成分を固めて錠剤にしたりカプセルを作るためにどうしても多少の添加物が入ってしまいます。体に負担がかからない程度の添加物なら問題ありませんが、余計なものが含まれているサプリメントもあります。
添加物は肝臓で解毒、分解するので、肝臓にいいと思って摂取しているサプリメントが実は肝臓に負担をかけていて、症状が悪化するということもありえます。
添加物を確認するには、サプリメントの裏側を見ればわかります。成分表示は多い順に記載しなければならないと決められているので、成分が増粘剤やセルロース、グリセリン、ゼラチンなどのカプセルの材料の場合は配合されている中身の成分が添加物より少ないということなので注意してください。

脂肪肝にいいサプリメント成分は?

40代、50代になってくると健康診断で肝臓に関する数値が悪くなっている人が4人に1人はいるといわれています。悪くなった数値をそのまま放っておくと今度は肝臓病の危険も増えてきます。
40代以上になってくると基礎代謝が落ち、運動する機会も減る人が多くなるので、それまでは食事を多く食べても問題がなかったのに脂肪がつきやすくなるのです。
また、仕事上のストレスや人間関係も複雑になってくる、アルコールを飲む機会も増え、代謝が悪くなることも脂肪肝になりやすい原因の一つです。
脂肪肝にならないためには、食事の量や質を改善したり、運動を行うなどが一般的です。しかし、今までの生活習慣や環境をいきなり変えるということも難しいのではないでしょうか。 その場合は、サプリメントで改善を促すことも可能です。
オルニチン
近年注目を浴びているのがオルニチンです。オルニチンは、肝機能を改善する作用と肝臓の代謝を促しアンモニアの解毒を行います。
肝臓の働きをサポートしてくれるので、肝臓が原因の疲れやだるさなどに良い成分としても有効です。 さらに肝臓の代謝機能の活性化するので、肝臓へ中性脂肪が蓄積されることを防ぐことが可能になるのです。
脂肪肝を心配する場合には、オルニチンが第一の候補になるでしょう。
タウリン
コンビニなどに売られている栄養ドリンクによく配合されているので有名ですが、タウリンは体内では生成できないので体外(食事)から摂取する必要があります。
タウリンには肝細胞の再生をサポートし細胞が破壊されないようにする働きがあります。 そのほかにも、タウリンには肝臓に溜まった中性脂肪を体外に排出する作用があるため脂肪肝によいのです。

肝臓サプリを飲む前に数値についておさらい

肝臓をサプリでなんとかしようと考えるならば、血液検査で肝臓に関連する数値にどのようなものがあって何を改善すればいいのかをおさらいしましょう。これらの数値の意味を知っておかないと、サプリメントを摂取しても結局よくなったのかならなかったのかを判断することができません。
※下記の基準値は、検査した機関や病院で異なります。
ALT(GPT):基準値0~30IU/L
基準値の30IU/L以上になると、肝細胞が破壊され血液中に流れ出ていることになります。この数値が高くなるほど脂肪肝など肝臓が障害を受けているということがわかります。
AST(GOT):基準値0~30IU/L
基準値の30IU/L以上になると、肝細胞が破壊され血液中に流れ出ていることになります。ASTは、肝臓以外の臓器にもあるのでこの数値が高いからといって、必ず肝臓に問題があるとは限りません。ALT(GPT)と同時にチェックすることで脂肪肝や他の肝臓の病気を疑います。
γ-GTP:基準値0~50IU/L
肥満、アルコールの量、薬の影響などでγ-GTPが多くつくられるので、基準値50IU/以上だと、どれかに問題があります。また、胆管細胞の破壊によって細胞や胆汁にあるγ-GTPが血液内に入り込み数値が上昇することがあります。
ALP(アルカリホスファターゼ):基準値96~300IU/L
乳製品やレバーなどに多く含まれるリン酸化合物を分解する働きをします。肝障害によって、胆汁に存在するALPが血液の中に流れ出すことで数値が上昇します。
T-Bil(総ビリルビン):基準値0.2~1.3mg/dL
ビリルビンは、赤血球が古くなって壊されるときに生じる黄色い色素のことです。肝臓に障害があると、ビリルビンが血液中に流れ出るのでこの数値が上がってきます。慢性肝炎や初期の肝硬変では、数値が大きくは上昇しませんが肝硬変が進んでくると徐々に上昇してきます。
TP(総蛋白):基準値6.7~8.3g/dL
血液中にどれぐらいのタンパク質があるかを測定します。栄養を維持するアルブミンと免疫を司るグロブリンを合わせた数値になっています。基準値より高い場合は、高たんぱく血症、脱水症、多発性骨髄種などが疑われます。基準値よりも低い場合は、遺伝、栄養不足、低たんぱく血症、悪性腫瘍などの疑いがあります。範囲をどちらでも超えた場合、一時的な異常値ということもあるので、他の検査値とのかねあいを見ることが重要です。
Alb(アルブミン):基準値3.5~5.2g/dL
アルブミンは総蛋白の約67%を占めるタンパク質で肝臓で合成されます。肝臓が何らかのダメージを受けて肝機能の働きが低くなるとアルブミンを多くつくれなくなるため、数値が低下します。脱水などにより水分が減少するとこの数値が高くなることがあります。

肝臓が悪いと感じたときのチェック方法

肝臓は、「沈黙の臓器」といわれるように少しぐらい悪くなっても自覚症状がなく病気がかなり進行してこないと発見できません。 しかし、気が付かないからといって放っておくと肝細胞が壊れ、別の組織で肝臓が修復されるため肝硬変という状態になってしまいます。 肝硬変は、さらに進行して肝がんになる危険もあるので、肝臓がダメージを受けていることを早めに気づいて、早めにケアする必要があります。
こんな症状のときは肝臓は要注意
肝臓の病気の場合、自覚症状はあまりないのですが、それでも症状が一切ないというわけではありません。 肝臓がダメージを受けている人は、疲れやすい、だるい、食欲がないなどのなんらかの兆候があります。
以下のような症状があるなら肝臓が疲れているか、肝臓の数値が悪くなっている可能性があります。 早めに肝臓の検査をうけて肝臓の健康をチェックしてみてください。
体がだるく疲れを感じやすい
脂っぽいものがたべられない
ひんぱんに下痢をする
悪寒や吐き気がする
38度以上の熱がつづく
頭痛がする
特になにもしていないのに体重が減っている
以前よりお酒が飲めなくなった
なぜか食欲がない
さらに肝臓へのダメージが続くと、風邪のような体のだるさに加えて以下のような体に異変が起こるようになります。 これらの症状が出ている場合には、早めに病院を受診して医師の診察を受けた方がいいでしょう。
皮膚や白目が黄色くなる
肌の色が以前より黒ずんでいる
尿が濃く茶褐色である
手のひらが赤い
鼻血が出たり歯茎から出血しやすい
ふくらはぎの筋肉がつったり、けいれんをおこす
足がむくみやすい
おなかがはる
男性なのに胸がふくらんできた
鎖骨周辺の毛細血管が浮き上がってきた