HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

肝臓をいたわる休肝日の取り方



のびをする女の人
お酒が好きで毎日晩酌する人に限らず、忘年会や歓送迎会などでお酒を毎日のむと肝臓が少しづつ疲れていきます。
自分ではまだまだ大丈夫かなと思っても、肝臓はがんばってしまいある日突然お酒が飲めなくなったり疲れやすくなったりと、ある程度進行してから肝臓の症状が出始めます。
特に多くお酒を飲む方は要注意です。
ビール500ml缶5本以上、日本酒では5合以上、ウイスキーならダブル5杯以上のむような方は特にアルコール性の肝臓疾患に気をつけましょう。
アルコール性の肝臓疾患にならないためには必ず休肝日をもうけるようにしてください。

休肝日をとらないとどうなるか

休肝日をとらないで飲酒を続けると、さまざまな肝臓の病気にかかるリスクがかかります。 たとえば、休肝日をとらずに1日に5合以上の飲酒を続けると脂肪肝になってしまうといわれています。
さらに、そのまま飲み続けると肝硬変、肝臓がんなどどんどん病気が悪化していきます。 毎日飲んでいても適量であれば休肝日を設けなくとも大丈夫という説もあるのですが、最近の調査で適量であっても毎日お酒を飲むと肝硬変のリスクが高まるという研究結果が発表されました。
休肝日前に日本酒をおちょこにつぐ
この調査ではデンマークで5万6千人に対し、今までの飲酒量にかかわらず毎日お酒を飲むことが肝硬変のリスクを高めると結論付けています。
今まではどちらかというと、ある程度飲酒量を守っていれば休肝日をとらずに毎日飲んでいても大丈夫といった説もありましたが、その説は否定されました。
この調査が絶対に正しいとは言えませんが、この結果からは休肝日をとった方が肝硬変になりにくいというのは間違いないようです。
また、ビールやウイスキーなどよりもワインの方が肝硬変のリスクは低くなると書かれています。 休肝日をとることをお勧めしますが、どうしても飲みたい場合はワインにするのがいいみたいですね。
参考:ELSVIER(英語サイト)
Daily Drinking Increases Risk of Alcoholic Cirrhosis

休肝日のメリット

休肝日のメリットは、肝臓をフレッシュな状態に保つことができます。 肝臓はアルコールの分解の他にも様々な働きをしているので、少しでも肝臓の負担を軽くしてあげることで、弱った肝臓を修復する機会を与えます。
これを休ませないで毎日お酒を飲んで酷使していると、肝臓だけでなくほかの大きな病気へとつながることにもなりかねません。
また、肝臓を休ませることで悪酔いや二日酔いを防止することができます。 肝臓を常に働かせているとアルコールの分解機能が低下してしまいますので、結果として十分にアルコールを分解できなくなります。
肝臓を休ませることでいつも正常なアルコールの分解ができるようになります。

休肝日の上手なとりかた

一般的に、毎日お酒を飲む人でも休肝日は週に2日程度はとりたいといわれています。 胃や腸の粘膜を修復するためには2日ほどの期間が必要なためですが、目に見えて調子が悪いと感じる場合にはもっと多く休ませることが必要です。
また、1週間に2日休ませる場合は5日間お酒を飲んで2日間お酒を飲まない日をつくるのではなく、 2日飲んで1日休み、今度は3日飲んで1日休むような間に休肝日を作るようなスケジュールの方が効果が高いです。

休肝日に食べたい食べ物

休肝日にいい和食
せっかく肝臓を休ませる休肝日ですから、その日に食べる食べ物にも気をつけたいところです。 肝臓にいい食べ物としては、良質なたんぱく質を含みカロリーや脂肪分が少ない食べ物です。
和食で納豆や豆腐などの大豆製品、イカやタコの刺身やビタミンを含む野菜などが望ましいです。 食べ過ぎることも肝臓に負担をかけますので、食べすぎには注意してください。
その他肝臓にいい食べ物はこちらを参照してください。
肝機能を高める!肝臓にいい食べ物

それでも休肝日でもお酒が飲みたい場合

お酒を毎日飲んでいる場合、やはり休肝日にも飲みたくなってしまうのではないでしょうか。 そんなときには、ノンアルコールの飲み物で我慢してみてはどうでしょうか。
最近はノンアルコールのビールやサワー、梅酒など様々な製品もでていますので意外に悪くないなという製品があるかもしれません。

肝臓の強化にいいサプリメント

オルニパワーZn
オルニパワーZnパッケージ

お酒を飲みすぎて、健康が心配という場合には休肝日と並行してサプリメントで、さらに肝臓をサポートできます。 オルニパワーZnは、オルニチンや亜鉛を始めとした肝臓によいとされる成分が豊富に配合されています。オルニチン、亜鉛、アスタキサンチンの他にも肝臓にはかかせないビタミンも豊富に含まれているので日常的な健康の維持にも役立ちます。