HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

薬の副作用で肝障害になる?



カプセル薬
病気を治すために薬を服用しますが飲んだ薬は肝臓で分解・解毒されますので、 アレルギー、副作用、誤った飲み方などで肝臓に障害が起こることがあります。
薬によって肝臓が障害を受けることを薬物性肝障害といい2つの原因があります。 1つ目は、薬が強かったり大量に飲んだとことによる肝臓への負担で起こる場合、2つ目は薬によるアレルギー反応で体内の免疫機能が誤作動し体を痛めつける場合です。

薬物性肝障害を起こしやすい薬は?

個人の体質などにも関係するので、どんな薬であっても肝障害を起こすことは考えられます。 多く見られる種類としては、抗生物質、鎮痛剤、糖尿病の治療薬などがあります。 最近では、サプリメントや健康食品などで肝障害を起こした例などが報告されています。

どういう人がなりやすいの?

薬による肝障害になりやすい人というのは特にありません。 薬を代謝する能力や免疫力などは人によって個人差があるため、 ある特定で起こる人や量によって起こる人など様々なケースが考えられます。
ただ、現在に日本の薬は認可されるまでに厳しい基準がありますので、認可約での肝障害というのはめったに起こりません。 薬として認可されていないサプリメントや健康食品、漢方薬などの場合は注意してください。
市販薬やサプリメントの場合も、容量をきちんと守り体に合わないと感じたらスグに服用をやめてください。

薬での肝障害を防ぐには

薬による副作用で肝障害にならないためには、処方された薬の場合は容量や用法を守って服用することが大事です。
自分で勝手に量を増やしたり、飲んだり飲まなかったり、勝手に別の薬を追加するのはやめましょう。 また、お酒と一緒に薬を飲むのは肝臓に負担をかけますので避けてください。
市販薬やサプリメントの場合も、容量をきちんと守り体に合わないと感じたらスグに服用をやめてください。

薬物性肝障害の治療は

原因となっている薬がわかっている場合は、その薬の使用をやめれば通常は肝機能が正常に戻っていきます。
しかし医師から処方された薬の場合、その薬をやめたことによる弊害があるかもしれませんので必ず医師に相談してください。