HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

肝臓の機能



肝臓の代謝
肝臓は血液が集まり、人間の生命活動に重要な臓器です。 その働きは、栄養素の代謝や合成、血液の再生や浄化、胆汁の分泌、有害物質の解毒など数百種類もあります。
働きの大部分は肝細胞が行っています。
肝細胞は、500種類以上の科学反応を行って肝臓の働きを引き受けているのです。
機能は主なものとして下記の3つの分類に分けることができます。

1.3大栄養素の代謝と合成

人間が食べ物を食べると、そのままでは栄養素を利用することができません。 体内に取り込まれた脂質、糖質、たんぱく質などの栄養素は、 消化管で消化された後に肝臓に運ばれ体内で使いやすいように変えられます。 この働きを代謝といいます。

2.有害物質の解毒

胃で吸収されたアルコールや食品添加物などの有毒物質を無毒に変えて排泄する働きが有害物質の解毒です。 アルコールを分解する作業より多くのアルコールが入り込むと作業が追いつかずに悪酔いや二日酔いなどの症状になります。

3.胆汁の生成

食物中の脂肪を消化する消化酵素のひとつである胆汁を作ります。 胆汁の分泌は肝細胞でおこなわれ脂肪の消化に使われます。
胆汁には肝臓で排出される老廃物を十二指腸に送り排泄する役割などもあります。
肝臓の重要な仕事は、栄養素の代謝、解毒作用、胆汁の生成の3つですが、 この他にも 一定量の血液や糖分を貯蓄しておく役割や血液凝固因子を合成して止血に関与したり、 血液の成分を一定に保つなどのいろいろな働きがあります。

その他の機能

他にも、肝臓はブドウ糖などのエネルギーの元となる栄養素を脳に運んでいます。 補給は常時行われなくてはならないので、肝臓はいつでも補給できるように準備するとともにブドウ糖をグリコーゲンの形で貯蔵しています。
また、古くいらなくなった赤血球やホルモンを分解し、血液をつくる機能や、 ビタミンを体内に蓄え、活性化させる作用、血液の中に入り込んだ細菌を除去するなどさまざまな機能があります。

肝臓の機能が低下すると

体調の悪い女性
お酒の飲みすぎや、体調不良で肝臓の働きが悪くなると, 頭が重く気分も沈みがちになります。
これは、体内の疲労物質が除去されないためで、 睡眠も浅くすっきりと練れないので日中でも夜でもいつでも疲れてしまいます。
他にも、食欲がなくなったり脂っこいものを食べると胃がもたれる、 尿の色が濃くなったなども肝機能が低下して肝臓が十分に働いていないサインといわれています。

肝臓の機能を高めるには

健康的な和食
肝臓の機能を高めるには、なんといっても食生活の見直しでしょう。 現在の医学では弱った肝臓は食事で改善するのがあたりまえとなっています。
薬も肝臓処理されるので、肝臓が弱っていてはその効果がない場合もあるからです。
弱った肝臓を改善するのに効果的なのが、 食事ですから普段から肝臓を強くするのもやはり食事でしかないのです。
食事の内容のほか、規則正しい食事時間、栄養過多を避ける、食品添加物の多いスーパーやコンビニの 弁当などを避けることなども肝臓を強く保つために重要です。