HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

知っておきたい!肝臓に悪い食べ物は?



疑問を持つ男性の医者
飲み会が続いてお酒を飲みすぎたり、食べ過ぎたりが毎日のように続くと肝臓にダメージが蓄積してしまいます。
肝臓はダメージを受けてもなかなか症状を出さないために、自覚症状に気づくころは病状が深刻化していることも少なくありません。
肝臓が弱っていてもサインが分かりにくいので、健康診断などを定期的に受けることや、日々の生活で肝臓を労ることも大事なことです。
肝臓が弱っているときに、肝臓によくない食品を摂り続けると肝臓がいっこうに回復しないので、肝臓に悪い食べ物を知っておきましょう。

肝臓に悪い食べ物・飲み物

肝臓に悪い食べ物・飲み物は肝臓に中性脂肪を溜めてしまうものです。 特に肝臓は中性脂肪が貯まりやすいので、中性脂肪を蓄積させるような食べ物は摂取し過ぎないように注意してください。
牛肉や豚肉などの動物性脂肪は中性脂肪になり体内に蓄積されやすく、バターやクリームと言った乳製品も脂質をたくさん含んでいるので、このように脂質の多い物は避けるべきです。
また、糖質を多く含む食べ物や飲み物も中性脂肪を作る原因になるので、お菓子・果物・炭酸飲料やジュースなど糖分を含む飲料水なども肝臓によくない食品です。
他にも精製された炭水化物で作られたパンや麺類などの食品も中性脂肪に変化しやすいのでよくありません。
お酒はアルコールを肝臓で分解するので負担がかかる上に、お酒の種類によっては中性脂肪が合成されます。

肝臓に悪い食べ物まとめ

動物性脂肪を多く含む食品

バターと小麦粉
肝臓に悪い食べ物の筆頭が脂質や糖質を多く含む食品です。具体的には、肉の脂身、バター・クリームなどがあります。
摂取した食べ物の脂質や糖質は肝臓でエネルギーに変換されるとき多すぎると肝臓に蓄積し肝機能を低下させるため肝臓に悪いのです。
脂質の中でも植物性脂肪よりも、動物性脂肪のほうが中性脂肪として蓄積されやすいという特徴があります。 そのため肉類は脂身を避けることが重要です。
バターやクリームも動物性脂肪が多いため肝臓の負担になってしまいます。 全く摂らないということは難しいですが、意識して避けることで総量を減らすことができます。

揚げ物などの油の多い食品

種類にもよりますが、油には肝臓に負担をかける過酸化脂質・トランス脂肪酸が含まれます。 またエネルギー量も多いので脂肪肝の心配もあります。
トランス脂肪酸を多く含まない油として「オリーブオイル」があります。
オリーブオイルは揚げ物にも適していますので特に肝臓が良くない方で揚げ物が食べたい場合は、スーパーの惣菜や外食では揚げ物を摂らずに自宅でオリーブオイルで調理するようにした方がいいでしょう。
他にもトランス脂肪酸を多く含まない油は「ごま油」があります。 ごま油を揚げ物に使う場合は、においの少ない「白ごま油」を使うか、茶色いごま油を揚げ油の3割程度にするとちょうど良い風味になります。

白米・パン・麺類(精製されたもの)

精製された食品とは、植物を加工して白く精製してしまった食品です。 精製されている食品は白米、白いパン、白いうどんなどがあります。
白米は、玄米から食物繊維や栄養素を取り除いた糖質の部分だけを食べているようなものです。 精製された食品は中性脂肪に変化しやすい性質があるので脂肪肝になる原因になります。

お菓子・ジュースなどの糖類

白砂糖も、精製された食品なので当然白砂糖を使うようなジュースやお菓子、アイスクリームなどの糖分が多いものは肝臓に負担をかけます。
特に寝る前にお菓子を食べたり、炭酸飲料を飲むなどを続けるような習慣は脂肪肝になりやすくなるので注意してください。

果物

いろいろな果物
果物はビタミンなどの栄養素もあるため体にいいイメージがありますが、糖質という点ではお菓子と変わりません。 果物には果糖と呼ばれる糖が多く含まれるので中性脂肪をつくる原因になります。
特にドライフルーツは生の果物よりも糖分が多いのでおやつ代わりにするなどは避けた方がいいでしょう。

飲み薬の常用

体内で薬を処理するのは肝臓です。
薬の処理は肝臓に負担をかけるので毎日薬を服用していると当然肝臓に悪影響を与えます。
肝臓病の場合、薬物治療ではなく食事療法が多いのはこのような理由もあるためです。

アルコール

日本酒のとっくりとおちょこ
アルコールが肝臓によくないことは有名ですね。
アルコールを摂りすぎると、アルコールがもとになる肝障害になるので特にアルコールの摂取には気をつけてください。
肝臓はアルコールを分解する働きがありますが、毎日多量のアルコールを処理し続けると肝機能が低下したり、中性脂肪が蓄積され続け 脂肪肝の状態になってしまいます。
アルコールと上手に付き合うために
悪酔いや二日酔いを避ける肝臓によいお酒の飲み方は

肝臓が弱っているときには避けたい食べ物

スプーンに盛られた粉のウコン
一般的に肝臓に良いと言われているのですが、肝臓が弱った時には避けたい食べ物・飲み物があります。 それは、しじみやしじみの加工食品・牡蠣などの鉄分を多く含む食材とウコンです。
しじみに含まれるオルニチンは肝臓に良いと言われていますが、肝機能が低下していると鉄分の吸収を抑える物質が作られなくなるので肝臓に蓄えられるようになり鉄過剰症になる恐れがあります。
その為、しじみや牡蠣など鉄分を多く含む食材は健康な時は良いのですが、肝臓が弱った時には注意して避けたい食べ物です。
また、ウコンに含まれるクルクミンは肝臓の解毒機能をサポートすると言われていますが、お酒と一緒に摂取すると肝臓悪化を引き起こしてしまうので注意が必要です。

肝臓が弱っているときにサプリは大丈夫?

サプリメントも肝臓にいい成分が入っていると思いがちですが、配合されている成分には要注意です。天然成分をウリにしている場合、しじみエキスなどには鉄分が含まれていますしクルクミンが多く配合されている場合もあります。
サプリメントを活用する場合は内容を良く確かめて自分に合ったものを見つけることが大切です。

肝臓にいいサプリメント

オルニパワーZn
オルニパワーZnパッケージ

オルニパワーZnは、オルニチンを始めとした肝臓によいとされる成分が豊富に配合されています。特にオルニチンは800mg、亜鉛は12mgと必要だけど食事では摂取の難しい量を摂ることが可能です。 ビタミンやミネラルなどの日常的に不足しがちな栄養素も多いため、これだけで他のサプリは不要なほどです。


肝臓に良い成分はオルニチンやスルフォラファン、肝臓エキス、ウコンなど様々なものがあります。肝臓に良い成分を含むサプリメントをランキング形式で紹介しています。
http://kanzoukiso.com/rank_kanzou_kiku.html