HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

素早く回復できる?!肝臓の働きをよくするには



日常生活の中ではあまり気にすることがないでしょうが、肝臓は沈黙の臓器と言われていて自覚症状を感じる頃にはかなり弱っている可能性があります。
また近年、肝蔵疾患の患者者数が急激に増加傾向にあると言われていますし、体にとって重要な働きをする肝臓ケアは健康を維持するために非常に重要です。
そこで、肝臓の働きを良くするにはどのようなことを日常生活に取り入れると良いのかを知っておくとよいでしょう。

肝臓の働きをよくする1:お酒は適量にする

肝臓の働きを良くするには、日常生活の中でお酒を飲み過ぎないことです。
欧米人と比較して日本人は肝臓が小さいですし、約4割の日本人は遺伝的にアルコールを分解する酵素が不足していると言われています。
その為、度数の強いお酒を飲むことやお酒を飲み過ぎることは肝臓に対して大きな負担になるのです。

肝臓の働きをよくする2:食事に注意する

過剰な栄養や老廃物を減らすことは肝臓に対する負担を軽減することにつながるので、規則正しい食生活を心がけることも大切です。
その為にも、良く噛んで食べることや腹八分目で栄養を過剰に摂取しないことです。肝臓の機能が低下するとタンパク質の消費が増えて体内のタンパク質の生産が減少します。
肝臓の働きを良くするには良質なタンパクを摂取することも大事なので、タンパク質を多く含む畑の肉とも言われる大豆を積極的に摂取すると良いです。
逆に油脂・糖質・果物・塩分は摂り過ぎないように心がけることが大切で、基本的に一番大事なことはバランスの良い食事です。 ちなみに、動物性の油や糖質は肝臓に不必要な脂肪を溜めて肝機能を低下させますし、塩分が多いと肝硬変などの病状を進行させてしまいます。

肝臓の働きをよくする3:適度な運動をする

過剰な栄養を蓄積することは肝臓に負担をかけてしまいますし、筋肉を動かさなければ血液循環が悪くなって汚れた血液が体内に溜まり、解毒する役割の肝蔵に負担をかけてしまいす。
このような状態を回避するために適度な運動を心がけることが大切です。それから立っている状態よりも寝ている方が血流量は約1.7倍増えるので、肝臓への栄養や酸素の供給がよくなり肝機能がアップします。
また夜型の生活をしていると自律神経のバランスが乱れ肝蔵に悪影響を与えてしまいます。これらのことを考えると睡眠不足や夜更しを避けることが肝臓の働きを良くするには良いと分かります。
その他には、便秘を予防する・ストレスを溜めない・薬を常用しない・禁煙するなども、肝臓の働きを良くするには大切なことです。これらのことを日頃から心がけて、肝臓を常に労わり肝臓の働きを良くすることが大事です。