HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

早期に見つかる!肝臓がんの症状は



がんは、なってしまうと治療がつらい、もう助からないというイメージがありますが、早期に発見すれば完全に治すことができる病気です。
肝臓がんも例外ではありません、早期に発見できれば治療することが可能ですが、肝臓がんはなかなか自覚症状がでにくいという特徴もあります。

肝臓がんは進行するまで自覚できない

私たちの肝臓はエネルギーの代謝や解毒作用などをする役割を担っている臓器で、健康な状態に体を保つためにはとても重要な存在となります。
その為に、肝臓は異変が起きても対処可能なように予機能というものがあって、実際健康な人であっても3分の2程度の力しか肝臓は出していないと言われているのです。
その証拠に何らかの原因で半数以上の肝細胞が仮に破壊されたとしても、残りの半分の健康な細胞が正常な機能を維持するのです。
また比較的大きな臓器で、痛みを感じる知覚神経が肝臓には無いことから初期症状が分かり難い要因になっています。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれる理由がその点で、肝臓にがんが発症しても小さいうちはほとんど無症状なのです。 そのため、肝臓がんが発見された時点では、病状がかなり進行しているケースも多くあります。

肝臓がんの症状

肝臓がんの代表的な症状として、上腹部や背中の鈍痛・食欲不振や体重減少・全身倦怠感・微熱が続く・貧血などがあります。
これは肝臓がんだけでなく慢性肝炎や肝硬変などによる症状としても起こることですが、いずれにしても肝臓の疾患で起こっていることは確かです。
肝臓がんがすでに進行している状態では、肝機能低下で皮膚や白目が黄色くなる黄疸が見られたり、お腹に水が溜まる腹水の症状が発生したりする場合があります。
また、肝臓に発生したがんが大きくなることで、腹部にグリグリとしたしこりがあるのが分かるようになります。 腫瘍が破裂して出血してしまうと吐血をしたり、下血したりする症状も起こることがあります。
このように肝臓がんの症状を自覚する頃には進行していることが多いので、体の不調や異変を感じる時には、自己判断せずに早期に病院を受診することが大切です。
特に、日本の肝臓がんの検査・診断技術は世界的にもトップレベルで、がんがまだ2~3cm程度の大きさで早期発見されことが多いので、その点からも早めの受診が重要です

比較的気づきやすい兆候

これら肝臓がんの症状の中でも比較的気づきやすい症状として黄疸と腹水があります。
ただし日本人は黄色人種なので軽度な黄疸は気づかないこともあります。 その場合は目の白い部分(白目)が黄色っぽくなったり尿の色が濃くなったりしていないかで判断することになります。
黄疸や腹水が症状として見られることは、肝臓がかなり厳しい状態にあると考えるべきです。
そのような症状まで進行しないためにも、早期発見・早期治療が重要と認識しておくことがとても大切です。

がん検査で肝臓がんを発見するには

日本では肝臓がんの原因のほとんどが、C型肝炎ウイルスやB型肝炎ウイルスで、慢性肝炎→肝硬変→肝臓がんが発生という流れでがんになります。
そのため、健常者が肝臓がんを発見するには、肝炎ウイルスの検査を受けることで肝炎ウイルスの有無がわかるため肝臓がんの発症を予防することができます。
肝炎ウイルスに感染しているかどうかは、血液検査でチェックすることができます。 病院で検査するほかにも、ネットで検査キットを注文して血液を送ることで簡単に結果を調べることもできるので心配な方は一度検査してみるといいでしょう。