HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

二日酔いから早く回復するには?



ついつい飲みすぎて翌朝つらくなる二日酔い。 できればなりたくないのはモチロンですが、なってしまった場合ははやく回復したいですよね。
そんなときに、二日酔いからスグに回復できる方法を厳選しましたので、試してみてください。
これらの方法は実際に試してみて効果のあったものばかりです。 ただし、二日酔いの状態によってもかわりますので、状態にあった対策をおこなってみてください。

二日酔いはなぜおきる?

そもそも二日酔いはなぜ起こるのでしょうか? アルコールを摂取すると、最初に肝臓で毒性の強い「アセトアルデヒド」に分解されます。 その後アセトアルデヒドは酢酸に分解されます。
アルコールの分解速度は一定なので、個人の持つ分解の能力よりも速いペースや分解の許容量よりも多くのアルコールを摂取すると、 分解できなかったアルコールやアセトアルデヒドが血液から全身にまわり頭痛や吐き気などの症状が起こります。
ただ、この酔いが二日酔いの原因ではなくアセトアルデヒドが分解されないことが原因で二日酔いになるわけではないという見解のものが多いようです。

二日酔いを治すには

方法1:吐けるならとにかく吐く
あたりまえのようですが、アルコールを体外に排出するのがもっとも効果が高いです。 二日酔いの程度にもよりますが、もし吐けるならば残っているアルコール分を吐いてしまいましょう。
方法2:水分をできるだけ多く取る
肝臓がアルコールを代謝するときに大量の水分を使います。 消費された水分を補給するために多くの水を飲むことは効果があります。
また、ただの水を飲むよりは水分の吸収速度が速い温かい白湯、ミネラルを含むスポーツドリンク、 さらに手に入るなら体内への吸収が速いハイポトニック飲料、アルコールの代謝に役立つ果糖を含むグレープフルーツジュースやトマトジュースがさらに効果を高めます。
方法3:コーヒーや紅茶を飲む
カップに入ったコーヒー
二日酔いの頭痛がある場合は、血管が拡張しているのでカフェインをとると収まることがあります。
冷たいタオルなどで頭痛のする部分の血管を冷やすと痛みが軽減されます。入浴は血管をさらに拡張させますので、避けた方がいいでしょう。
また、明るいところは避け暗いところで静かにしていましょう。 スマホなどの強い光も血管が拡張している際の頭痛を悪化させる原因になります。
方法4:風呂に入る、シャワーを浴びる
風呂に入ることで血流が良くなりアルコールの分解が促進されます。 ただし、注意して欲しいのは、頭痛がある場合や体内の水分不足の場合はもっとひどくなってしまうことがありますので、 十分に水分をとった状態で行ってください。
サウナは、汗が出て一見よさそうに見えますが、 脱水症状や心臓への負担がかかりますので避けたほうがいいでしょう。
方法5:ひたすら寝る
寝ている子供
実は起きているほうがアルコールの処理が速いという研究結果もあるのですが、 二日酔いがつらい場合は寝てしまってその間に肝臓に処理してもらってしまう方が不快な症状をやりすごせます。
方法6:ヘパリーゼを飲む
ヘパリーゼは、コンビニや薬局で売っている肝臓のためのドリンク剤で、 肝臓の血流が増え、肝細胞の再生が促進されるというものです。 ドリンクタイプより、錠剤の方が効きがいいようです。
方法7:ハイチオールCを飲む
ハイチオールCはシミやソバカスなどの肌のための薬ですが、L-システインという成分のため二日酔いにもいいといわれています。 L-システインには、肝臓の働きを促進させたり、二日酔いの原因となる物質を除去したりする効果があります。
ただし、L-システインはハイチオールCの錠剤タイプだけに配合されており、ドリンクタイプには含まれていないので注意してください。

二日酔いにならないための対策

二日酔いを早く治すには、水分をたくさん摂ったり肝臓によいドリンクを飲んだりがよいのですが、 そもそも二日酔いにならないようにお酒を飲む前から対策しておくとなおいいでしょう。
お酒と一緒に水を飲む
お酒を飲んでいるのに水はちょっと抵抗があるかもしれませんが、ウイスキーを飲む場合などはチェイサーとして水を後から飲みます。
それと同じように、ビールや焼酎、日本酒でも水を常に飲んでいれば酔いもはやくさめて、翌日も残りにくくなります。
お酒を飲む前に飲むドリンク剤
コンビニで売っているお酒を飲む前に飲むドリンク剤も効果があります。 製品にもよりますが、肝臓の働きを助け滋養強壮効果が期待できます。
お酒を飲む前の空腹を避ける
胃になにも入っていない状態だと、アルコールの吸収速度が格段に違います。
アルコールをはやく吸収してしまうと血中のアルコール濃度が高くなり、二日酔いになりやすくなります。
サプリメントを摂る
サプリメントは、高価ですがアルコールの分解を早めたり、肝臓の代謝をよくする成分のバランスを考えて配合されています。 二日酔いになってしまったら、サプリメントをすぐに購入してというのは難しいかもしれませんが二日酔いや悪酔いが多い方は事前に準備しておくことも必要です。

二日酔いのときにしてはいけないこと

水分を十分とらずに寝る
肝臓がアルコールを処理するには、必ず水分を必要とします。 水分が足りないと毒素を処理できずに気持ち悪さが残ったり、頭痛になることがあります。
頭痛薬や風邪薬をのむ
アルコールも薬も同じように肝臓で処理をします。
アルコールの処理で大変な肝臓にさらに薬を飲んで負担をかけることは二日酔いがなかなか治らない原因になってしまいます。
迎え酒を飲む
二日酔いの場合には、迎え酒は避けてください。 一時的に脳が麻痺するので、回復したかと錯覚してしまいますが、実際にはもっと悪化してしまいます。

二日酔いの朝のだるさはサプリメントで解決

オルニパワーZn
オルニパワーZnパッケージ

オルニチンは、アンモニアを解毒し無害化するオルニチン回路でエネルギーを作り出すため、飲みすぎた次の日のだるさや疲れによいとされています。オルニパワーZnは、業界トップクラスのオルニチン量で800mgと豊富に配合されているので朝のだるーい感じをシャキッとさせることが可能です。