HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

お腹の張りの自覚症状には要注意!腹水の原因や症状とは



肝臓は沈黙の臓器と言われているように、何らかの疾患があったとしても症状がわかりづらいため早期には自覚することが困難です。
また、肝細胞が多少破壊されても自らの力で再生することもできるといった特徴があります。
しかし、長期間にわたって破壊と再生を繰り返していると、肝細胞の数が減少して肝臓が硬くなり正常に機能しなくなる肝硬変という病気になってしまいます。
肝硬変は初期段階では大きな症状は見られないのですが、悪化することで様々な自覚症状が現れるようになります。
その中のひとつがお腹に水が溜まってしまう腹水という症状です。

腹水の症状や特徴

肝硬変が進行することで現れる腹水は、最も多くみられる症状です。 そのため進行度合いを判断する重要な材料となります。
お腹に水が溜まる腹水の症状が起こると、手足をはじめ全身にむくみが表れ、水が溜まることで体重が増えてきます。
またお腹が張って苦しくなるので、食事をたくさんの食べられなくなって食欲も低下してしまいます。
ちなみに、立った状態ではお腹の下部が膨らんで、仰向けに寝るとお腹の左右が膨らみます。
その為カエルのお腹のように見えることからカエル腹と呼ばれることもあるのです。

腹水が起こる原因

では、なぜ肝硬変になるとお腹に水が溜まる腹水が発生するのかというと、その原因としては2つ考えられます。

肝機能の悪化で低アルブミン血症に

そのひとつは、肝機能悪化で低アルブミン血症になることです。
アルブミンというのは、血清中のタンパク質の約半分を占め一番多く、このアルブミンが通常時より大幅に減少することを低アルブミン血症と言います。
波紋のある水
アルブミンは肝臓で生成され血液の浸透圧を維持して血液中の水分が血管外に漏れることを防ぐ働きがあります。
その為、肝硬変になるとアルブミンの量が減って血液中に水分を留めておくことができなくなるのです。
そして血管の外に漏れ出してしまう水分が腹水やむくみの原因になってしまうのです。

肝臓が硬化し門脈圧が上がる

もうひとつの原因は肝臓が硬くなることで門脈圧が上がることです。
胃腸などで吸収された栄養素を運ぶ門脈という血管が肝臓にあって、健康な時は門脈の血液はスムーズに肝臓へと流れていきます。
しかし、肝硬変で肝臓が硬くなると血液の流れが滞るようになるのですが、血液はどんどん流れてくるため門脈内の圧力が上昇してしまいます。
それにより血管から水分が徐々に漏れてお腹にたまり腹水になるのです。
このように肝臓の機能が低下し腹水になるのですが、病院で判断する方法は打診といわれるお腹を軽く叩いて判断する方法や、超音波検査やCT検査などの方法があります。
お腹が張って、食欲が低下しているようなら腹水の可能性があるので病院を受診して検査してみてください。