HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

フコイダン:肝臓に良い栄養成分



フコイダンとは

食物繊維であるわかめのイメージ画像

ワカメや昆布、もずくなどに含まれるヌルヌルした粘質物に多く含まれる多糖類の一種がフコイダンです。 細胞壁と細胞壁の間にある「フコース」という物質に硫酸などが合成されて特有のヌメリになります。
ひじきや昆布などの海藻類のほか、ナマコなどにも見つかっていますが、特にもずく に一番多く含まれています。 生活習慣病や抗がん作用などの様々な疾患に対する働きが期待できます。

フコイダンの効果は

フコイダンが注目されているのは、1996年の日本癌学会で報告された制癌作用が報告されたためです。 その後、昆布を原料としたフコイダンには悪性リンパ種の細胞にアポトーシスを起こさせることも発見されました。
アポトーシス作用とは、「悪性細胞を自滅に追い込む」という作用です。 さらに、もずくから摂れたものには、ガン細胞を死滅もしくは縮小させる働きがあるとの研究報告がなされました。

フコイダンで肝機能が改善する!?

さまざまな効果が期待できるフコイダンですが、肝細胞の増殖にも役立つとの研究結果もでています。 フコイダンの投与によって、体内で肝細胞増殖因子(HGF)の分泌が現し区活発、促進されたというこです。
フコイダンは薬ではありませんので、肝臓病などで治療を受けていても通常の食事に「もずく」などフコイダンが 含まれている食品をとることは問題がないので試してみる価値はありそうです。

その他の働き

制ガン作用やアポトーシス作用の他にも、抗菌作用やコレステロールを下げる効果や血液の凝固を防いだり、免疫力強化などの生活習慣病に関わる疾患について効果があるされ、多くの基礎研究や臨床実験などが行われています。
フコイダンには摂取すればすぐに効くというものではないため、効果を期待して摂取する場合は継続してフコイダンを多く含む食べ物やサプリメントを摂取していく必要があります。

副作用や注意点

ワカメや昆布、もずく、ナマコ などの食材に含まれている成分ですので特に問題となる副作用は報告されていません。
ただし、サプリメントなどで摂取する場合は容量や用法を守って過剰摂取にならないようにする必要があります。 この成分は水溶性なので味噌汁などの汁物の料理で摂取すると効率よく吸収することができるでしょう。

フコイダンが配合されているサプリ

フコイダンのサプリは、あまり人気がないのかあることはありますが、あまり販売しているところは多くありません。
特にフコイダンに期待する効果が、免疫力の向上や美容なので肝機能を改善する目的での摂取や広告などもほとんど見かけることがありません。
肝機能の向上を目的にフコイダンを摂取するのは悪くはありませんが、肝機能の改善にはオルニチンやタウリンなど別の成分の方が優れている場合もありますので、自分の症状に合わせてサプリを探してみることをお勧めします。