HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加
カテゴリ:肝臓に良い成分
肝臓に良い成分は、ウコンが有名ですが、他にもタウリンやアルギニン、セサミンなど肝臓の解毒作用を助けたり、アルコールの代謝をサポートしたりといろいろな成分があります。肝臓に良い成分はどんなものがあって、どのような食品に含まれているかを解説します。
現在、肝臓を治療するためには食事療法で徐々に治すのが主流となっています。 すなわち、各種の栄養素が肝臓を守るために有効ということです。
特に肝臓を守る効果のあるサプリメントや健康成分を紹介します。 それぞれの成分には特徴がありますので、目的や症状に合わせて摂取するのがよいでしょう。
アミノ酸の一種で、栄養ドリンクなどに多く配合されています。 体内では、筋肉に多く含まれていて、心臓、肝臓、脳、眼、筋肉などの弱った部分にのみ作用する優れた成分です。
タウリンには、交感神経の働きを抑制し、血圧を正常値に保つため、高血圧の改善、心臓強化、貧血予防、血中コレステロールの抑制、糖尿病の予防などに効果があります。
ワカメや昆布、もずくなどに含まれるヌルヌルした粘質物に多く含まれる多糖類の一種がフコイダンです。 細胞壁と細胞壁の間にある「フコース」という物質に硫酸などが合成されて特有のヌメリになります。
ひじきや昆布などの海藻類のほか、ナマコなどにも見つかっていますが、特にもずく に一番多く含まれています。 生活習慣病や抗がん作用などの様々な疾患に対する働きが期待できます。