HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加

肝臓の病気



診察する医者の画像
肝臓は、「沈黙の臓器」といわれるように、病気になっても初期の状態では肝臓病のとしての自覚症状があまりないことがほとんどです。
しかし、症状がまったくないわけではなく、疲労感や倦怠感、食欲不振、睡眠障害などの症状がでます。
これらの症状は他の病気にもに似ているため風邪などと間違いやすいので注意が必要です。
日本では、約80%がウイルス性の肝臓病で、残りのほとんどはアルコールが原因の病気です。 病気の早期発見や、予防のためにも肝臓病の症状や肝臓病になりやすい生活習慣を知っておきましょう。

肝臓病の種類

アルコール性肝障害

肝臓の処理能力を超えるアルコールを長期にわたって摂取し続けていると、肝臓に負担がかかるためアルコール性脂肪肝やアルコール性肝炎などの病気になります。
これらの病気を総称してアルコール性肝障害といいます。自覚症状があまりなく、検査などで気づいたときには肝硬変になることなどもあります。
アルコール性肝障害を治療sするには、アルコールの摂取をやめることが一番ですが、今まで大量に飲んでいたアルコールを急にやめることはなかなか難しいことだと思います。とはいえ、アルコールがもとでの肝障害なので、医師と共同で精神面を含め治療を進める必要があります。

ウイルス性肝炎

日本でもっとも多くみられる肝臓病です。A、B、C、D、E型の5種類があり、A型とE型は、ウイルスに汚染された水や食物を食べることで感染します。
B、C、D型は、輸血、母子感染、性行為、ピアスの穴あけ、などにより感染します。 感染しても初期では自覚症状がないこともあり、気づいたときには進行していることもあります。
ウイルス性の肝炎は性行為での感染も多くあります。B型肝炎、C型肝炎などの症状や特徴については以下を参考にしてください。

B型肝炎

ウイルス性肝炎のひとつB型肝炎はB型肝炎ウイルスに感染することで肝臓に炎症が発生して、肝臓の細胞破壊や機能低下を引き起こす病気です。
症状によっては肝硬変や肝臓がんに進行してしまう恐れがあって、ウイルス肝炎の中でも危険性の高い疾患です。
このB型肝炎の主な症状としては、倦怠感・食欲不振・吐き気などがありますし、病気が進行すると黄疸・肝臓の腫大・背中に痛みを感じることもあります。
ただ、このような症状を自覚することが少なくて、気づかないうちに病気を発症して、進行してしまうと言った経過を辿ることが多いのです。
特に怖いのは、病状が進行して肝性脳症になり劇症肝炎になってしまうことで、この場合は命の危険性も出てくるのです。
しかし、B型肝炎の症状に早めに気づいて適切な治療を受けることで基本的に完治するのでいたずらに恐れる必要はありません。

脂肪肝

肝臓に脂肪がたまる病気です。 大きく分けると、アルコールの飲みすぎによる「アルコール性脂肪肝」と、食べ過ぎや薬による「非アルコール性脂肪肝」に分けることができます。
お酒の飲みすぎの場合は、肝臓の働きがアルコールの処理で手一杯で中性脂肪を分解できないために起こり、 食べ過ぎの場合は、脂っぽい食事やお菓子などの糖質の摂りすぎにより中性脂肪やコレステロール値が上がっていきます。
脂肪肝は特別な症状を起こすことがあまりなく、何となく感じる疲労や漠然とした腹部の不快感が起こる人が多少いる程度です。 ただ症状として肝臓の腫大を起こしやすくて、その為健康診断などの診察の際に発見されることが多くあります。

NASH

肝炎はアルコールを飲むことで発症するとされてきましたが、NASHはアルコールを飲まない人が発症する肝炎です。
発症するメカニズムは詳しくわかっていませんが、脂肪肝にストレスなどの原因が加わって発症するといわれています。 お酒をあまり飲まない人でも脂肪肝、肝硬変、肝がんへと進行していきアルコール性肝炎と同じような症状になります。
健康診断で肝機能障害に問題があって、腹部エコーでも脂肪肝を指摘されることがあります。 お酒をあまり飲まない場合、自覚症状がないのでそのままにして放置するケースが多いです。
肥満との関係性が強いといわれ、アメリカでは成人の約3%がNASHだといわれています。

肝硬変

慢性の肝障害で肝臓全体に再生結節と呼ばれる5~20mmの壊れた肝細胞の塊ができて肝臓が固くなっていく疾患が肝硬変です。 本来、肝臓は再生能力が強い組織なのですが、一定以上肝臓の線維化が進むと元に戻らなくなってしまうものなのです。
肝硬変に進行する主な原因としてはC型肝炎が約70~80%で、その他にはB型肝炎・アルコール性肝炎・自己免疫性肝炎などがあります。
肝硬変の症状は、線維化がある程度進むまでは無症状ということが多くて、多少の全身倦怠感があるくらいです。 ただ病状が進行すると、黄疸・腹水・出血傾向・肝性脳症・浮腫・消化管の静脈瘤・女性化乳房・月経不順など様々な症状がみられます。

肝がん

ほとんどの肝がんは、肝炎ウイルスが原因でおこります。 肝臓の線維化の状態によって発症のリスクが異なるのでB型、C型肝炎や、慢性肝炎、肝硬変の方は注意が必要になります。特にC型肝炎ウイルス感染者の肝がん率は約70~80%にも上ります。
肝炎は発症しても自覚症状がほとんどないので、そのまま気づかないと20~30年で肝がんへと移行していきます。がんになる速度は個人差がりますが、60才を超えてくると肝がんを発症する確率が高くなってきます。肝がん自体に自覚症状ほとんどなく、肝硬変にともなう食欲不振や倦怠感などの症状を訴えることが多いです。

肝臓病の予防

肝臓病というと、通常はアルコールの飲みすぎや食べすぎを想像しますが日本の場合は肝機能の異常は肝炎ウイルスによるもののほうが多くなっています。
しかしC型肝炎ウイルスにかかった場合、お酒を多く飲む人は、その後に肝がんにかかる率が高くなるなど生活習慣がその後の病気の治癒や変化に重要になってきます。
肝炎から肝がんへの移行に限らず脂肪肝やアルコール性肝炎などはすべて生活習慣や食事内容からかかりやすさが決まってきます。
睡眠を十分にとる、質の良い食事を摂る、ストレスをためないなど生活習慣をかえることで肝臓病の予防になります。 また肝臓病以外の他の病気の予防んもなりますので、肝臓がちょっと調子が悪いな。。。という方は是非生活習慣の見直しを行ってください。