HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加
カテゴリ:肝臓の基本
肝臓についての基本的な知識、肝臓とはなにか、肝臓の機能や働き、肝臓のためによい生活習慣など肝臓に関する記事です。
肝臓は血液が集まり、人間の生命活動に重要な臓器です。 その働きは、栄養素の代謝や合成、血液の再生や浄化、胆汁の分泌、有害物質の解毒など数百種類もあります。
働きの大部分は肝細胞が行っています。肝細胞は、500種類以上の科学反応を行って肝臓の働きを引き受けているのです。
肝臓は、「沈黙の臓器」といわれるように、病気になっても初期の状態では肝臓病のとしての自覚症状があまりないことがほとんどです。
しかし、自覚症状があまりないからといって症状がまったくないわけではなく、疲労感や倦怠感、食欲不振、睡眠障害などの症状がでます。
肝臓は「沈黙の臓器」と呼ばれ、とても我慢強いので少しぐらい悪くなっても自覚症状があらわれにくいという特徴があります。
そのため、知らず知らずに肝臓によくない生活習慣を行っていたため肝臓が弱ってしまうということもありえます。 特に肝臓の修復期には、できるだけ肝臓をいたわるように心がけましょう。
肝臓は沈黙の臓器と呼ばれ、少しぐらい悪くなっても自覚症状がありません。 そのため、肝臓に悪い習慣を知らず知らずに行っていると気がつけば重大な病気になってしまうかもしれません。
特に、普段から毎日お酒を飲む人やお酒が好きで1回の酒量が多い人などは日常で肝臓によくないことを覚えておいて少しでも肝臓をいたわるようにこころがけましょう。
肝臓の機能を高めるためには、食事やアルコールの制限などがとても重要です。 肝臓の治療には必ず食事療法がとりいれられます。
お酒を飲むときに一緒に何を食べるか、また普段どのようなものを食べるかに気をつけることで肝臓の働きがますます良くなります。
肝臓が弱っていてもサインが分かりにくいので、健康診断などを定期的に受けることや、日々の生活で肝臓を労ることも大事なことです。
肝臓が弱っているときに、肝臓によくない食品を摂り続けると肝臓がいっこうに回復しないので、肝臓に悪い食べ物を知っておきましょう。
肝臓には強い再生能力があるため、なにか少しぐらいの問題が起こっても自覚症状がないので、なかなか発見できません。
しかし、病気やアルコールなどにより肝細胞が破壊され続けると修復が追いつかなくなり、壊れた細胞のすき間を別の組織で埋めていくようになります。
楽しくお酒を楽しむためには、肝臓が元気でなくてはなりません。 付き合いなどで毎日のようにお酒を飲む場合などは特に肝臓をいたわることが大切です。
肝臓をいたわりたいのなら、お酒を飲まないのがいいのですがそうも言えないでしょう。 そういうときには、肝臓の働きを助けてくれるようなおつまみを食べればいいのです。
お酒をついつい飲みすぎてしまったり、なんとなく肝臓の調子が悪くなってから肝臓をいたわろうと思う方は多いと思います。
飲みすぎてつらくなってから、飲みすぎなきゃよかったな~と後悔するとともに、もっとお酒に強かったらとな~と大抵の人は考えます。 では、肝臓を鍛えるということはできるのでしょうか?
最近飲みすぎで肝臓が痛いなぁ~と思っても肝臓ってどこだっけ? そもそも肝臓って痛くなるのか普通はわかりませんよね。
実は肝臓自体には神経が通っていませんので、肝臓が痛くなるということはありません。 ただし、肝臓が悪くなると腫瘍ができたり腫れたりしますので肝臓を覆う膜や周辺の臓器が影響を受けて痛むことになります。