HOME | サイトマップ | 免責事項
お気に入りに追加
TOP画像

基本的な肝臓の知識を学んで健康的な生活を!

コンテンツ
健康的な食品
弱った肝臓を治療するためには、毎日の食事療法が一番効果があります。 バランスのよい食事を心がけることはモチロンですが、肝臓によい食材を知っておくと、さらに効果的に肝臓をいたわることができます。
肝臓によい食品としては、納豆、枝豆、豆腐などの大豆関連の食品やしじみ、カキ、かぼちゃ、キャベツなどビタミンやミネラルが豊富な食品も肝臓に良いとされています。
肝臓に悪い食べ物の揚げ物
肝臓はダメージを受けてもなかなか症状を出さないために、自覚症状に気づくころは病状が深刻化していることも少なくありません。 肝臓が弱っていてもサインが分かりにくいので、健康診断などを定期的に受けることや、日々の生活で肝臓を労ることも大事なことです。
肝臓が弱っているときに、肝臓によくない食品を摂り続けると肝臓がいっこうに回復しないので、肝臓に悪い食べ物を知っておきましょう。
アルコールが抜けるまで机にうつぶせになる男性
「お酒を飲むなら車に乗るな」は今や当たり前にみんな知っていますね。でも、飲んだ後にどれぐらい待てば車にのれるのでしょうか?
なんとなく、「酔ってないから平気だよ」といった自分だけの感覚で運転を始めていませんか? 自分では、酔っていないつもりでもアルコールが体から抜けているかどうかは、また別の問題です。
お酒に弱い人と強い人たちが飲み会をする
お酒は人によって飲める量が違っています。お酒を飲んでも酔わない人もいる一方でアルコールをなめただけで顔が真っ赤になってしまう人もいるようです。
では、お酒に強い人と弱い人はなにが違うのか?お酒の強い・弱いを調べたり、お酒に強くなる方法について詳しく解説していきます。
肝臓が悪いときにチェックする医者
肝臓には強い再生能力があるため、なにか問題が起こっても自覚症状がなくなかなか発見できません。
しかし、病気やアルコールなどにより肝細胞が破壊され続けると修復が追いつかなくなり、壊れた細胞のすき間を別の組織で埋めていくようになります。
肝臓が痛いので苦しむ男女
最近飲みすぎで肝臓が痛いなぁ~と思っても肝臓ってどこだっけ? そもそも肝臓って痛くなるのか普通はわかりませんよね。
実は肝臓自体には神経が通っていませんので、肝臓が痛くなるということはありません。 ただし、肝臓が悪くなると腫瘍ができたり腫れたりしますので肝臓を覆う膜や周辺の臓器が影響を受けて痛むことになります。
休刊日をとってスッキリした女性
お酒が好きで毎日晩酌する人に限らず、忘年会や歓送迎会などでお酒を毎日のむと肝臓が少しづつ疲れていきます。
自分ではまだまだ大丈夫かなと思っても、肝臓はがんばってしまいある日突然お酒が飲めなくなったり疲れやすくなったりと、ある程度進行してから肝臓の症状が出始めます。
肝臓を良くするためのサプリメント
肝臓には本当にサプリが有効なのかな? 薬や添加物は肝臓で処理されるので肝臓にはよくないのでは?と思う方もいるのではないでしょうか。
結論から言ってしまうと添加物さえ気を付ければ問題がありません。それどころか、肝臓へ有効な成分を多くとることには向いているのです。
肝硬変でダルくなっている女性
肝臓は症状が出にくい臓器なので肝硬変になっていても、大抵の場合は本人が気づかずに進行してしまうことが多くあります。
しかし、症状がでにくいとはいえ何らかの変化は起こっているので、おかしいなと思ったら小さなことでも見逃さないことが大切です。
肝硬変になった肝臓を検査する女性
肝硬変とは、肝炎などの肝臓の異常が進行すると起こる肝臓の疾患です。肝硬変になると、肝臓が小さく硬くゴツゴツとした状態になってしまいます。
この状態になると細胞が破壊され、正常に働く肝細胞が少なくなるので肝臓の機能自体が徐々に失わてしましまいます。